東京都千代田区・秋葉原の税理士事務所タックス・ワンが、弥生会計の仕訳辞書等について解説します。

税理士 渡辺哲士(佐十志) 千代田区秋葉原の税理士日記 Blog弥生会計入力マニュアル会社設立マニュアル お問い合わせは、03-5823-2051
(税理士事務所所在地)
〒101-0025
東京都千代田区
神田佐久間町2-7
第六東ビル 302

活動範囲

東京23区
千代田区、中央区、台東区、文京区、新宿区、港区、品川区、墨田区、江東区、江戸川区、足立区、荒川区、北区
を中心に活動しています。
千葉県市川市、浦安市、松戸市、船橋市、他
埼玉県川口市、戸田市、草加市、他
神奈川県川崎市川崎区、他

仕訳とは

法人(会社)にしても個人事業者にしても、その目的とする事業取引の結果を数字(金額)になおし、財務諸表(貸借対照表・損益計算書など)にまとめて外部に報告することが必要となります。そして、その財務諸表が税金計算にも利用され、確定申告書類としても使用されるわけです。

その金額になおして記録するのに使用されるのが「仕訳」と呼ばれるものです。
仕訳は必ず「借方金額」と「貸方金額」とで記録されます。借方・貸方という言葉がわかりにくければ、左側(借方)・右側(貸方)と呼んでも良いでしょう。そして、借方の合計と貸方の合計は必ず一致します。
(仕訳の例) 8,000円の商品を現金で売上げた場合 
(借方) 現金 8,000円 /  (貸方) 売上高 8,000円

仕訳はどのような形で記録(出納帳・仕訳日記帳・振替伝票など)されようと、最終的には総勘定元帳という帳簿に記録されす。
会計ソフトがなくすべての記録が手書きで行われていたころは、取引を先ず現金出納帳などの補助簿に記入し、そこから伝票(入金・出金・振替)を起こし、その伝票から総勘定元帳に転記するという大変な作業をしていました。

しかし、会計ソフトが主流となった現在では、現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳などの記入をすることによって、それが自動で総勘定元帳に転記されるため、帳簿記入が格段に楽になりました。

でも、その取引の記録が正しく行われなければ、出来上がる結果も誤ったものになってしまいます。
そこで、会計ソフトの入力において毎回毎回自分で仕訳や伝票を作成するのではなく、あらかじめその取引にあった仕訳・伝票をテンプレートとして作っておいて、それを呼び出してきて使うのが仕訳辞書・伝票辞書と呼ばれるものです。
これらの辞書を賢く使うことにより、入力作業が軽減され、間違いのない仕訳を入力することにもつながるわけです。

また、仕訳辞書・伝票辞書を使えば、借方・貸方をあまり意識せずに帳簿の記入ができるようになっております。

弥生会計の辞書機能とマニュアル

弥生会計には次の4つの辞書機能があります。

  • 仕訳辞書-現金出納帳や仕訳日記帳画面にて使用します。
  • 伝票辞書-入出金振替伝票画面にて使用します。
  • 摘要辞書-特定の科目を入力したときに、その摘要を自動で出してきます。
  • 簡単取引辞書-相談する人を持たず、自力で帳簿作成する方には良いでしょう。

上記の4つの辞書でお勧めしたいのが、仕訳辞書と伝票辞書です。また、摘要辞書も便利です。
弥生会計には既に標準で辞書が登録されています。それをそのまま使っても良いですし、加工して登録しなおして使うこともできます。それから、自分で新しい辞書を登録することもできます。

この弥生会計取引辞書のマニュアルは、仕訳辞書・伝票辞書・摘要辞書を解説をいたします。

仕訳辞書

(仕訳辞書マニュアルの内容)
  • 仕訳辞書の登録・修正・削除方法
  • 仕訳辞書の使い方
  • 出納帳画面から仕訳辞書を登録
操作マニュアルは左図をクリック>> ここをクリックすると標準搭載仕訳辞書が開きます
ここをクリックするとマニュアルが開きます


 

伝票辞書

(伝票辞書マニュアルの内容)
  • 伝票辞書の登録・修正・削除方法
  • 伝票辞書の使い方
  • 振替伝票入力画面から伝票辞書を登録する
操作マニュアルは左図をクリック>> ここをクリックすると標準搭載伝票辞書が開きます
ここをクリックするとマニュアルが開きます

 

摘要辞書

摘要辞書の登録方法・修正削除方法・使用方法を説明しています。各勘定科目ごとの摘要を登録しておくことができます。 ここをクリックすると標準搭載摘要辞書が開きます

準備中



 

電子申告・電子申請に対応しております

問合せ

営業時間

  • 平日 9:30~18:00
  • 土日祝日は休業
    ※但し土曜日はお客様のご要望により対応させていただきます

  • 4月の休業日
  • 4/29(火)
東京税理士会

税理士サーチ

税理士ナビ